帝京大学医学部附属溝口病院で出産


元旦から長女のお産の前に子宮筋腫という爆弾があり、その影響かもしれないが、筋腫部分からお腹が痛くなり一時入院し、収まったので1泊して2日に退院。
そして、3日の夜から陣痛らしきものが来て、長女はすでに就寝していたため、妻一人を乗せてタクシーで帝京大学医学部附属溝口病院に行きました。

その後、音沙汰がなく…。。。

電話があった時には、もう産まれた!とのこと。

長女の時もわりと早かったのですが、次女もスピード出産でした。3時間ぐらい?!

すぐにじぃじとばぁばが家に来てくれたので、私は病院に行きました。

帝京大学医学部附属溝口病院は少し前に建て替えで新しくなってとてもキレイな病院です。
夜中でしたが、夫は何時でも入れるので、妻と産まれたばかりの次女にご対面です。

よく頑張りましたー!!!!!おつかれさまでしたー!!!

予定日より2周間ほど早かった。
これは、スーパームーンの影響だろうと思っています。
予定日より早かったので、予定日きっかりの長女より少し小さめで産まれてきてくれました。

しばらく妻や次女といて、分娩室から病室に戻り、夜中ということもあり、早めに退散しました。

長女のときにはなかったこんな物をもらいました。
帝京大学医学部附属溝口病院で出産

帝京大学医学部附属溝口病院で出産

バスタオルやフェイスタオルなどが入ったものでした。
しかも、帝京大学医学部附属溝口病院の刺繍入り。笑

まずは、無事に産まれてきてくれてありがとう!!
これから大変な日々が始まります。2018年。

好評につき売切れです
カテゴリー: 妊娠中のできごと パーマリンク