初節句に向けて雛人形を松月人形で購入


正月で親戚に赤ちゃんを初披露して、やっと一段落したのもつかの間…
正月終わりに母親から連絡があり。

「初節句があるけど、雛人形はどうするの?」

と聞かれ、

「いやいや、まだまだでしょう!」

って言ったら

「雛人形を1月の早めに購入しないと良い物がなくなってしまうんじゃないの?」

と言われました。
そこで初めて雛人形のことを調べましたよ!
男兄弟で育った私としては、雛人形なんてわからないことが多々ありました。

調べたところによると、節分が終わり立春に飾るため、1月中には良い物がなくなってしまうらしい。

「わぉ!」

雛人形といえば…

・にんぎょ~のきゅ~げつ~♪
・顔が命のよ~し~と~く~♪
・秀月

早速、有名店と近所にある人形屋と百貨店へカタログ請求をしました。
(正月になってサイトも雛人形に変わっていた。)

久月ともう一つの人形屋とかはすぐにカタログを送ってもらったけど、吉徳はまだ来ていない…。。。
カタログにも雛人形の説明などがあり、色々とさらに勉強しました。

・7段飾りの名称(お内裏様・お雛様・三人官女・五人囃子・左大臣・右大臣・仕丁)
・木目込み人形(ふっくらした雛人形)というものがある。
・雛人形はその子自身の身代わり?(諸説あり)
・母方の母親が雛人形を購入する?(最近は折半などあり、要両親確認です)
・最近は、収納飾りというのものがある。(台に収納できるもの)

など、私はほぼ知らなかったことが多かったです。

色々勉強し、母方の実家の近くにある「松月人形」という人形問屋さんに行くことになりました。
人形屋なんてめったに行くことがないので、少し緊張します。

始めは久月や吉徳など有名店で購入するのかな?!と思っていたのですが、
調べると以下の種類というか、あるそうです。

・人形専門店
・人形問屋
・百貨店
・大型ベビー量販店

それぞれ利点などがありますが…

メンテナンスなどが必要になった場合(あまりないと思いますが)、専門知識のある人形専門店や問屋の方が専門店だけあって、詳細な情報がある。

もし次の子ができた場合でも専門店や問屋ならカスタマイズでき、増やせるということもあったので、問屋で購入を決めました。
また、問屋さんに決めた理由として、第一は近くにある。
もうひとつは付属品含め1体ずつ好きな人形を選んでできる点でした。

百貨店や大型量販店は期間展示ですから専門店や問屋とは、やはり大きく異なります。

問屋さんとも色々とお話ができまして…

・最初に選ぶのは人形自体を選ぶ
・やっぱり、良いものが先に売れていく
・現在は7段飾り購入者は100人に1人ぐらい、30年前は80人ぐらいだった。

ということでした。

初節句で雛人形を購入を考えている人は1月の成人の日までに購入を考えておいた方がより良い物があるかもしれません。

好評につき売切れです
カテゴリー: お祝い・内祝い, 買い物 タグ: , , , パーマリンク